愛する息子、ミーとメーのかーちゃん奮闘記

愛する息子、ミーとメーのかーちゃん奮闘記。

2歳、0歳のズボラ母です。同じく子育て奮闘中ママのイライラが少しでも解消すればなと、思ったこと、感じたこと、体験談を日々綴っています。

【3.11】10年前の記憶と私が今思うこと。

f:id:mimeca:20210311070519p:plain


 

10年前の私は高校2年生でした。

放課後のホームルームが終わりダッシュで部室へ向かう、ウェアに着替え、テニスコートへ。

ソフトテニス部に所属していました。

そこそこの強豪高校だったので、バリバリ鍛えていましたね。

(インターハイに出場しました^^私はレギュラー外ですが…)

ホームルーム後はペチャクチャ喋らずダッシュで練習へ向かうのが決まり。

各自でアップを終わらせようやくボールが触れる。

その日もいつもと変わらず、部活動に励んでいました。

先生がいつも通りやってきた…ビクビク。(先生はものすごく厳しい)

普段は先生がきても挨拶をしてそのまま練習が続くのに、先生から集合が真っ先にかかりました。

説教かなぁ…と思い、走って集合。

真っ青な顔をして言いました。

 

東北に大きな地震がきた。

大きな津波がきた。

CGのようだった。

建物も車も何もかも流された。

人がたくさん死んだだろう。

……

 

色々言っていたから詳しくは覚えていないけれど、当時高校2年生だった私は、半分嘘だと思っていました。

 

帰ってニュースを見てビックリ。

信じられない…

これがもし自分だったら…

受け止められなかったです。

 

「当たり前にこうやってテニスができることに感謝しなければならない」

先生はその日からたびたび口にするようになりました。

 

まさにその通り。

 

3月11日、東日本大震災から早10年。

薄れてしまいつつある記憶。

今でも被災者の苦労や悲しみは消えないことでしょう。

 

私の住む長崎は地震が本当に少ないです。

生まれて地震を経験したことが一度しかないのです。

熊本地震のときでした。

 

なのでしっかりした地震対策をしている家庭も少ないと思います。

私もその一人。

何かあってからでは遅い、そう思いながらも自分は大丈夫だろう。

そう思っています。

 

 

こういうの、買わなきゃと思って後回しにしがち。

今日じっくり見てポチろうかな^^

 

今、10年経って家族ができて思うのは、守らなくてはならないものが多すぎること。

主人、息子2人、これだけでも重すぎる。

母、沖縄で暮らす父、妹3人、祖父祖母…友人…大切な人が多い。

 

そして大きな地震などの災害をニュースで見るたびに、物の価値ってどんだけちっぽけなんだろう、と思います。

 

大切にしている物でも自然の力であっというまに失う。

物も車も。家も。

 

大切なものは多くなくて良い。

そう思うんですよね。

 

災害対策はもちろんしっかり。

今あるものに精一杯の感謝を。

物は少なくて良い。

 

毎日に感謝しながら生きていこう、

改めて考えさせてくれました。

 

みなさんの大切なものは何ですか?

1番に思い浮かぶものは何ですか?

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村