愛する息子、ミーとメーのかーちゃん奮闘記

愛する息子、ミーとメーのかーちゃん奮闘記。

2歳、0歳のズボラ母です。同じく子育て奮闘中ママのイライラが少しでも解消すればなと、思ったこと、感じたこと、体験談を日々綴っています。

2歳児の寝かせつけにはこれ。おそらの絵本レビュー。

f:id:mimeca:20210320093146p:plain

2歳半の長男ミーくん。

寝かせつけがまぁ大変でした。

セルフねんねができるようなったのも2歳過ぎてから。

次男がお腹にいた臨月でも抱っこで寝かせつけていました。

次男が産まれてからもなかなか泣いて寝れない…。

そんなときに見つけたおそらの絵本。

今では毎晩のおそらの絵本が楽しみになっています!

お子さんの寝かせつけに困っている方に、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

 

寝かせつけには「おそらの絵本」。気になる使い方は?

とにかく長男ミーくんは寝かせつけが大変でした。

ごろーんとしておやすみ〜なんて夢のまた夢で。

暗いのが嫌いなのか、寝るのが嫌いなのか…。

次男を妊娠するまではおっぱいで寝かせつけしていたのですが、妊娠がわかってからは断乳を決意。

そこから寝かせつけに苦戦していました。

とにかく寝室に行くのが嫌で泣きまくる。

抱っこで寝かせつけたり、ドライブに行ったり、とにかく、一人で寝れないのかなと悩んでいました。

そんなときに見つけたおそらの絵本!!

 

 

「おそらの絵本」 とは?

f:id:mimeca:20210320085030p:plain

スマホのLEDライトを利用し、「プロジェクター」と「おはなしディスク」で天井に絵本の世界を投影させる、絵本プロジェクターです。
専用アプリ「おそらの絵本」でスマホ画面に絵本テキストを表示してママの声で読み聞かせができます。
毎日のおやすみ時間を、ママにとっても子供にとっても、楽しくて嬉しくなってしまう仕掛けがたくさん盛り込まれています。

・寝かしつけに悩んでいるママに
・早寝早起きの正しい習慣つくりに
・本が好きになるきっかけ作りに

子供とのコミュニケーションにおいて、新しいアイテムとして活躍します。

 引用 おそらの絵本

 

本体自体も2,200円でカセットが1つ880円。

コスパも良くおすすめです。

 

特に、録音された音声での読みきかせではないので、(読むのは大変と思う方もいるかもしれませんが)いいなと思いました。

 

子供は親の声が一番大好きなので♪
寝るのは怖くないよ~的な安心感もでます。

 

使い方

  1. あらかじめスマホに「おそらの絵本」のアプリをインストール
  2. アプリを開き、おそらの絵本本体をセット
  3. ライトをオンにしてBGMを選ぶ(画面にでるので手順通り)
  4. 読むカセットを入れる
  5. 位置を合わせる(慣れるまではちょっと大変です)
  6. スタート

って流れです。

 

位置を合わせるのがはじめは大変でしたが、慣れれば簡単。

 

また、天井に映し出すとすると、持っておくのがちょっときついかも。

私は座って壁に移しています。

 

「おそらの絵本」を使い始めてどう変わった?

買ってよかった「おそらの絵本」。

 長男ミーくんを寝かせつける時間が毎日苦痛でしたが、私も楽になりました。

すんなり寝室へ行くように

 長男ミーくん、おそらの絵本を買ってからは毎晩読むことが楽しみになったようです。

 

寝る時間になったら「絵本読もうか~」というと、すんなり寝室へ行くように。

 

しかし、最近は「まだ読まない~」と言われることもありますが、約8ヶ月経ちましたがまあ飽きずに毎日読んでいます。

 

今後どうなるかわかりませんが…。

 

 

気になる絵本(カセット)を追加購入

「がんばる働くくるま」という絵本(カセット)を追加購入しました。

息子が大好きな働くくるまシリーズ。

 

ショベルカー、ダンプカー、クレーン車、ブルドーザーが出てきます。

はじめはみんなが「おれが一番すごい!」と言い合っていたのですが、あるトラブルが発生し、お互いの良いところを生かし、そのトラブルを解決していく、というストーリー♪

 

他にも追加で購入できるので飽きがこないのも良いところだと思います!

 

うちは

  • がんばるはたらくくるま

  • ももたろう

  • おおきなかぶ

  • おやすみペンギン

  • すやすやコロコロ

を持っています。

 

「おやすみペンギン」は、「これなぁに?」といろいろな問題形式が続き、ゆるーく睡眠導入できそうな内容。

おしゃべりなお子さんは興奮しちゃうかも?

でも長男ミーくんは大好き。

 

「すやすやコロコロ」は丸いひつじさんが寝たままコロコロころがってお母さんのところへやってきてまた眠る、というストーリー。

読んでいるこっちが眠くなる感じです^^

 

最近は持っている5つ全部読んで「じゃあ寝よっか」っといったらすんなり一人で寝れます。すごくお助かりアイテムです。

 

その間次男メーくんはというと、主人に抱っこされて一緒に読み聞かせを聞いています♪

 

最後に

 寝かせつけ、悩む人は悩むんですよね。

セルフねんねできるお子さんがうらやましくて仕方ありませんでした。

 

でも、これも個性!とあきらめて寝かせつけタイムを親子のコミュニケーションとして楽しむ。

 

同じように悩めるママ、おそらの絵本、是非試してみてください!!!

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村  

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村