愛する息子、ミーとメーのかーちゃん奮闘記。

3歳、1歳のズボラ母です。同じく子育て奮闘中ママのイライラが少しでも解消すればなと、思ったこと、感じたこと、体験談を日々綴っています。

アイハーブプルーンピュレ|3種類の成分比較や注意点まとめ

f:id:mimeca:20210922183036p:image

アメリカのオーガニックサイトの「iHerb(アイハーブ)」で販売している3種類のプルーンピュレについて紹介していきます!

 

 

▽その他のプルーンピュレおすすめはこちら

mimeca.hatenablog.com

 

アイハーブのプルーンピュレは3種類で全部無添加

アイハーブのプルーンピュレは3種類あってどれも離乳食初期から食べさせてOKとの記載があります。

  • プルーンオーガニック(パウチ99g)
  • ハッピーオーガニックプルーン(パウチ99g)
  • Gerber プルーンペースト(パック56g×2)

の3種類です。

どれも似たようなのですか、比較していきたいと思います。

 

プルーンオーガニック(パウチ99g)

f:id:mimeca:20210922183100p:image

 

値段 228円
内容量 99g
原材料 有機プルーンピューレ(有機乾燥プルーン、 水)、 水、 有機レモン濃縮果汁1%

 

こちらを一度購入して試してみましたが、とっても美味しいです。

息子はそのままチューチューして飲んでしまいました!

しかし、開封後24時間以内に食べ切るよう記載されています。

ウィーダーゼリーやパウチの野菜ジュレみたいな感覚ですかね^^

 

ハッピーオーガニックプルーン(パウチ99g)

f:id:mimeca:20210922183118p:image

 

値段 228円
内容量 99g
原材料 水、有機プルーンペースト

 

こちらも同じパウチタイプですが、成分にレモン果汁が含まれません。

同じく開封後24時間以内に食べ切るよう記載されています。

 

Gerber プルーンペースト(パック56g×2)

f:id:mimeca:20210922183136p:image

 

値段 228円
内容量 56g×2パック
原材料 プルーンピューレ(水、 乾燥プルーン)

 

パウチタイプではなくて小分けのパックタイプなのでスプーンですくって食べさせます。

こちらは開封後2日以内に食べ切るように記載されてありました。

 

アイハーブのプルーンピュレは離乳食初期からOK!その他注意点

アイハーブのプルーンピュレは離乳食初期から食べさせてOKとなっています。

海外ではプルーンは離乳食ではメジャーなフルーツ。

しかし、私的に気をつけた方がいいと思うことが2つあります。

 

果物なので稀にアレルギーも

f:id:mimeca:20210922183205p:image

アメリカでは離乳食初期からプルーンを与えることが多いようなのですが、果物なのでアレルギーを引き起こす可能性はゼロではありません。

プルーンはリンゴや桃と同じ「バラ科」なので、リンクアレルギーや桃アレルギーの赤ちゃんには注意が必要です。

 

開封後は保存がきかない

f:id:mimeca:20210922183219p:image

どれも開封後24時間以内〜2日以内に食べきるなど、長く保存がききません。

余計な添加物が入っていないから仕方のないことだとは思いますが、毎日少しずつヨーグルトにかけて…としたい人には向かないと思います。

アメリカの人は一食分としてプルーンピュレのパウチやパックを赤ちゃんに与えているでしょうね!

 

最後に▽アイハーブを5%オフで利用できるコード

アイハーブのプルーンピュレは日本でいう、パウチタイプの野菜ジュレみたいな感覚だと思いました。

味は申し分なく美味しいのですが、長期に渡って食べるのには向きません。

  • お出かけのお供として
  • おやつや食後のデザート感覚で
  • 熱などで食欲がないときに

なんかに向いているなという印象でした!

 

離乳食=ベビーフードというアメリカですが、そのほとんどがオーガニックや成分にこだわっています。

中でもアイハーブは厳しい水準をクリアした離乳食が扱われているのでプルーンに限らず良い商品が多いのでおすすめです!

アプリをインストールしてしまえば、日本語で日本円表記なのでとっても使いやすい。

どうせ買うのだった少しでもお安く!

 

利用するなら紹介コード▷「DFY3016」を入力すると5%オフになりますのでよかったら利用してください。

※40ドル(約4000円)以上送料無料、それ以下は送料一律440円です。

 

 

では、最後までお読みいただきありがとうございます。